弓道手の内の痛みの改善コツを調べた

日常生活では使わない親指と人差し指の付け根の部分が特に痛い時はどうしたら・・

 

虎口と呼ばれる親指と人差し指の付け根の部分が手の内では

 

非常に重要なポイントとして教えられるけど練習する度に痛い・・

 

やり方が間違ってるのかな?ざっくり調べたら・・手の内では、親指と人差し指の付け根の部分を巻き込むようにして、ぴったりと弓に手を添えるようにする必要があるらしい・・

 

この部分は普段使わない部分なので、最初のうちは虎口の部分の皮がむけるなどして、痛みを感じることが多いけどもこの痛みに慣れて、痛みを感じなくなってくると、手の内が上達したということがいえるのだとか!?

 

弓道上手くなる方法〜手の内の際の痛みの改善コツ〜

 

 

また手にマメができる場合弓道の手の内を整えるときには、虎口と天紋筋を弓にしっかりとあてる感覚をしっかりと意識することが重要なポイントらしい!?この天紋筋の部分をしっかりと弓にあてられていないと、小指の付け根部分にマメができるから気を付けるポイントだとか。。

 

はぁ〜難しいけどとりあえず親指と人差し指の付け根の部分を巻き込むとか、虎口と天紋筋を弓にしっかりとあてる感覚をマスターすることに注力することが先決かぁ〜なんだか難しくて頭が痛いな・・

 

 

なんといっても私達のような初心者レベルの弓道部員はこうした

 

手の内の痛みを我慢して練習に打ち込んでしまうもの。やり方が間違ってるのかと思い色々調べるものの・・内容が難しくて頭が混乱。

 

だからこそ、こうした手の内のコツや方法も含め、きちんと目で見て理解でき、誰でもすぐに身に付くようなもの・・見識者の教えや極意となる弓道の教科書のような存在をいち早く見つけ出し、いちいち調べることなく、そこから都度吸収していくことが何より一番の上達方法かもしれないですよね〜^^お互いがんばろ。

 

 

 

天皇杯2回制覇 土佐正明があなたを徹底指導!

 

正しい射法習得だけが的中してしまう弓引きになる唯一の道・・射法八節を習得し中・貫・久を鍛え試合で勝利を手にする方法をDVDで指導。

 

私もこのDVDを見てみましたが・・今までにない洗練されたノウハウ、分かりやすい解説は自然に頭に吸収され上達をすぐに実感できると思いました。

 

例えば、頭でわかっているつもりでも思うように動かなかった身体、どこが間違いなのかに気づけず上達しない日々、冷静を装っていてもどうしてもブレる動きにどう対処し何を改善するべきなのかよく分かりましたよ!今すごくモチベーションが高いです^^

 

あなたも練習を頑張る中、いろんなジレンマを日々感じてると思いますが・・この弓道射法八節習得プログラムを見て一緒に上達を実感しませんか!?

 

⇒もっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

 

 

たまにニトリとか行って2階のソファーとか見るけど電動でリクライニングするソファーとか映画とか見ながら座ったら居心地いいだろうなぁ〜なんて妄想。ゆったりソファーに座り真ん中のところにお酒とつまみおいて背もたれ倒して映画とか野球観戦・・。そういえばニトリにはないけど北欧スウェーデンの何やら有名な家具・・名前忘れたけどオーク材で作られたイスが通販で24万円位で売っていたけど坐り心地はそんなに良いのかなあ。24万で送料無料はいいけど、こういうの通販で買うのってちょっと怖いよね。やはり実際に試さないと。

 

でもなんだかんだ言って北欧の家具は人気があるみたいね。北欧と言えばボルボの車、あれは家具では無いけど^ ^個人的にはかっこいいなと思わないけどなかなか人気あるよね〜安全性も世界トップレベルなんでしょ!?あっ一度スバルのディーラーでボルボのワゴンの展示乗ってみたけどドアの作りが国産にはないがっしり感があったな・・。近くの大きい家もボルボのセダンに乗ってるけど、毎回ボルボを乗り換えてるから、多分そうとう好きなんだろうな〜

 

車って軽が一番維持費が安くていいし、小回り利いてどこにでも入って行けるけど、そうはいってもボルボを始め高級車もやはり乗り心地とか考えるといいな〜と思ったり。軽で大人4人乗って出かけるのも楽しいと言えば楽しいけど、高級セダン乗っての4人お出かけの方が快適な度になることは間違いないね〜^^

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る