弓道打起こしの角度や方法コツについて調べた

打起しに適した角度を調べた

 

弓構えの後の打起し・・毎回躓いて台無しに・・どうしたら

 

皆中を目指すのもそうですが、ここで乱れが出ると今まで完成させた

 

すべての動作が無駄になってしまう・・減点を避けるためにも弓構えから打起こしで乱れぬ動きを覚えていくことと、打ち起こしの際に弓と矢の頭のやや上の高さまで矢を水平に保ちながら持ち上げるのがいいみたい!?角度は45度程度で、両肩を下に沈め、ほぼ水平で体と平行にするのがコツだとか・・

 

弓道上手くなる方法〜打起こしの良い角度や方法〜

 

 

45度か〜両肩を下に沈め、ほぼ水平で体と平行っていうのは難しいな・・でもここをしっかりマスターしないと毎回躓いて減点じゃ嫌になるしな〜どうしよ

 

 

なんといっても私達のような初心者レベルの弓道部員はこうした・・

 

弓構えの後の打起しの角度が出ずに上手くいかないことも多いもの。本当は理想の形を前にして目に焼き付けて練習したいけど、なかなかそれも叶わない・・

 

だからこそ、こうした打起しも含め、目で見て理解できすぐに身に付くような見識者の教えや極意というべき弓道の教科書のような存在をいち早く見つけ出し、そこから愚直に学ぶことが上達への最短近道かもしれないですよね〜頑張りましょ^^

 

 

 

天皇杯2回制覇 土佐正明があなたを徹底指導!

 

正しい射法習得だけが的中してしまう弓引きになる唯一の道・・射法八節を習得し中・貫・久を鍛え試合で勝利を手にする方法をDVDで指導。

 

私もこのDVDを見てみましたが・・今までにない洗練されたノウハウ、分かりやすい解説は自然に頭に吸収され上達をすぐに実感できると思いました。

 

例えば、頭でわかっているつもりでも思うように動かなかった身体、どこが間違いなのかに気づけず上達しない日々、冷静を装っていてもどうしてもブレる動きにどう対処し何を改善するべきなのかよく分かりましたよ!今すごくモチベーションが高いです^^

 

あなたも練習を頑張る中、いろんなジレンマを日々感じてると思いますが・・この弓道射法八節習得プログラムを見て一緒に上達を実感しませんか!?

 

⇒もっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

 

 

冬場の寒さ対策にネックウォーマーとかすると全然暖かさ違うなぁ。首が暖かくなると体感温度が1度か2度違うよね。ユニクロの安いやつを買ってきてしてるけど。普通のマフラーよりもネックウォーマーの方が自分には合ってるみたい。あと乾燥対策に寝るときに手にハンドクリームをつけて手袋してると多少良いけど、起きたときに手袋がどこかに行ってしまう。あれはなんでだろう?寝てるときに手が暑くて脱いじゃったのかなあ。冬場の冷えと乾燥はやばいね。でも夏よりはいいか^^

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る