弓道打起こしの射癖治すコツについて調べた

打起しの動作は視線が的を見たまま行なうので射癖が出やすい場合はどうしたら・・

 

弓道の奥義は基本に徹することって良く言われるけど・・分かってはいるけどついつい忘れ、手先の技巧に走ってしまう。だから変な射癖ばかり出ちゃうのかな?色々調べたら・・

 

射癖はひとつひとつの動作を確認しながら早めに直して正しく練習を

 

重ねることが大切らしい・・

 

弓道上手くなる方法〜打起こしの射癖治すコツ練習〜

 

 

正面打起しでの矢の向きに対して両肩とほぼ水平にならない場合、矢先が上がり過ぎる時には、両こぶしを水平にしていると考えられるので、左こぶしをやや下げる心持ちで、矢が水平になるようにしたり・・反対に、矢先が下がり過ぎる時は、矢先の水流れを意識し過ぎた場合や、矢番えの位置が高すぎる場合に起こりやすくなります。常に円相を崩さないよう意識して練習しましょう・・みたいな。

 

色々あるみたいだけど文字だけの情報ではなかなか難しいね〜これらのテクニックを具体的に目に焼き付けて練習しないとなかなか難しいな・・何か良いお手本ないかな?

 

 

なんといっても私達のような初心者レベルの弓道部員はこうした・・

 

射癖に対しての適切な改善方法やコツを知らず毎回悩むもの。毎回丁寧に調べたりもするものの、すぐにすぐ実践できる具体的な方法に行き着かない場合も多くさらに混乱する。

 

だからこそ、射癖も含めきちんと迷うことなく目で見て理解できすぐに身に付くような見識者の教えや極意というべき弓道の教科書のような存在をいち早く見つけ出しそれを元に愚直に学んでいくことが、今後の上達を早める一番のきっかけになるのかもしれないですよね〜がんばりましょ。。

 

 

 

天皇杯2回制覇 土佐正明があなたを徹底指導!

 

正しい射法習得だけが的中してしまう弓引きになる唯一の道・・射法八節を習得し中・貫・久を鍛え試合で勝利を手にする方法をDVDで指導。

 

私もこのDVDを見てみましたが・・今までにない洗練されたノウハウ、分かりやすい解説は自然に頭に吸収され上達をすぐに実感できると思いました。

 

例えば、頭でわかっているつもりでも思うように動かなかった身体、どこが間違いなのかに気づけず上達しない日々、冷静を装っていてもどうしてもブレる動きにどう対処し何を改善するべきなのかよく分かりましたよ!今すごくモチベーションが高いです^^

 

あなたも練習を頑張る中、いろんなジレンマを日々感じてると思いますが・・この弓道射法八節習得プログラムを見て一緒に上達を実感しませんか!?

 

⇒もっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

 

ドライブレコーダーがだいぶ流行してるみたいだね。近くのオートバックスとかイエローハット行っても結構大きく場所を取って宣伝してるからチラッといつも見るけどねぇ。値段もお手頃価格から高いものまで選択肢もいろいろあるみたいね。事故は起こさないのが1番だけどもしもの時に、自分と相手の言ってることが違ったりとかすると自分が不利になったりする場合もあるから・・そういうときのためにや、車とめてる時の当て逃げの際の証拠動画とかも取れるから何かと便利だね。多分ETCみたいに最初の工賃とかお金がかかるけどつけて損はないものなんだろうね。新しい車もバックミラーに最初から付属されてればいいよね。これからそうなるんじゃないかな。

 

だけどこの前テレビでやってたけど、ドライブレコーダの動画が必ずしも証拠として十分かと言うとそうでもないみたい。多分画像が鮮明でないからスピードとかも分かりにくいのかな!?日本で初めて鮮明に情報を読み取る技術を持った会社が特集されてたけど、色々特許も取って動画からリアルな情報を読み取ることができるらしい・・。あとお店の人が言ってたけど、マイクロSDカードのデータも定期的に削除したり、何年かに1回買い替えないとだめみたいね。マイクロカードは劣化するんだって。。初めて知ったけど。だから古いまま使ってて情報がきちんと保存されないままのドライブレコーダーも多いみたいよ〜付けてる意味ないじゃんと思いました。自分はそこ気を付けよう^^

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る