弓道正面打起しの引分けのやり方コツを調べた

正しい弓道の正面打起しの引分けのあり方について調べた・・

 

先輩が武士道精神と合わせて重要なのは、やはり中・貫・久を鍛え、技術を習得し身体の髄まで浸み込んだ動きをものにすることが必要だと言っていたけど、正面打起しの引分けのあり方も聞いたらどこかに逃げたので、自分なりに調べた。

両肩が上がらない範囲で両こぶしは頭の上になり、矢はほぼ水平にする・・

 

何やら頭部と両こぶしの間隔が高過ぎる場合は、両肩が上がりやすく、矢先も上がる傾向が多くなるとか、逆に低過ぎる場合は、矢を引き過ぎる傾向になりやすいため、気をつける必要があるらしい・・

 

弓道上手くなる方法〜正面打起しの引分けやり方〜

 

 

頭部から遠過ぎる場合は、弓力を支えるために余分な力を必要とするため、疲れやすくなる。弓手が控え気味になることが多く、ねじりが増大し、矢が左に飛びやすくなるのも注意だとか・・。

 

なんとなくこんなイメージでやってるつもりなんだけど、それでもうまくできないのは、やはり細かい部分が身に染みてないのかな〜?こうゆうのも文字だけの情報でなく、見て分かるお手本が欲しいな〜

 

 

なんといっても弓道を一生懸命練習してるのにイマイチな私達は・・

 

こうした正面打起しの引分け方法やコツにまだ疎かったりするもの。悔しくて自分なりに調べたりもするけどなかなか自分に合った手とり足とりな良い方法に出会えるとも限らないし、そもそも何かと忙しくて1つ1つ丁寧に調べてる時間も余裕もない。

 

だからこそ、今の自分達に必要なのはこうした正面打起しの引分け方法も含め、都度目で見てシンプルに理解でき、即上達に繋がるプロの教えや極意というべき・・弓道上達に特化した自分だけのお手本などの存在をいち早く見つけ出すことが上達への最短の近道と言えるのかもしれないですよね〜お互いに頑張りましょ^^

 

 

 

天皇杯2回制覇 土佐正明があなたを徹底指導!

 

正しい射法習得だけが的中してしまう弓引きになる唯一の道・・射法八節を習得し中・貫・久を鍛え試合で勝利を手にする方法をDVDで指導。

 

私もこのDVDを見てみましたが・・今までにない洗練されたノウハウ、分かりやすい解説は自然に頭に吸収され上達をすぐに実感できると思いました。

 

例えば、頭でわかっているつもりでも思うように動かなかった身体、どこが間違いなのかに気づけず上達しない日々、冷静を装っていてもどうしてもブレる動きにどう対処し何を改善するべきなのかよく分かりましたよ!今すごくモチベーションが高いです^^

 

あなたも練習を頑張る中、いろんなジレンマを日々感じてると思いますが・・この弓道射法八節習得プログラムを見て一緒に上達を実感しませんか!?

 

⇒もっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

 

 

この前何かのテレビ番組・・たぶんどうでもいいバラエティー見てて、某格闘家の奥さんが自分の旦那の秘密ことをいろいろ暴露してたけど、厳しいトレーニングのモチベーションを続けさせるために、試合の後の楽しみを何かしら設定して、それを念頭に頑張るらしい。目の前のニンジンぶらさげ作戦か!?やはり対戦相手に勝ちたいという人一倍強い思いはあれど、毎日厳しいトレーニングを続けるためにはそれだけじゃだめなんだね。自分が普段の生活の中で辛い状況のときは楽しいことを思い浮かべて、先の楽しみがあるから今が頑張れるみたいな・・そういうのを無理矢理にでも作らないと確かにモチベーション続かないよね。それが買い物だったり食べ物だったり旅行だったり人それぞれだけどさ〜。自分だったらなんだろう?焼肉食べ放題かな。牡蠣食べ放題でもいいな。あっでもこの前食中毒事件がどこかであったからやっぱ怖いな〜

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る