弓道斜面打起しの引分け・やり方コツを調べた

斜面打起しの引分けのあり方を自分なりに調べてみた・・

 

弓道教本第一巻を熟読し見識ある指導者について学びなさいって誰かが言ってたけど、そもそも顧問が見識あるのかよく分からないしいつも姿見ないんだけど・・汗どこにいってるのかな?最近斜面打起しの引分け方法について一人悩み自分なりに調べた。

 

正しい弓道の斜面打起しの引分けのあり方は、矢は眉毛の高さで・・

 

右手は耳のあたりか耳をやや越す程度にし、矢はほぼ水平に維持するのがいいらしい!?矢の向きが右過ぎると、狙いが右に付きやすくなり、逆に矢の向きが左過ぎると、狙いが左に付きやすくなるとか・・

 

弓道上手くなる方法〜斜面打起しの引分けやり方コツ〜

 

 

また、右手の位置が耳のあたりよりも高過ぎても低過ぎても、疲労をきたしたり、引き足らずになったり・・矢が上向き過ぎるのは、引分けで左手が遅れて、働きにくい時に起こり、矢が下向き過ぎるのは、手の内の上押しが強すぎる場合に生じやすくなるらしい・・

 

言ってることはなんとなく分かるんだけど・・実際にこれをマスターするのはまた至難だな・・どうしよ!?

 

 

なんといっても弓道を一生懸命練習してるのにイマイチな私達は・・

 

こうした斜面打起しの引分けのあり方コツにまだ疎かったりするもの。悔しくて自分なりに調べたりもするけどなかなか自分に合った手とり足とりな良い方法に出会えるとも限らないし、そもそも何かと忙しくて1つ1つ丁寧に調べてる時間も余裕もない。

 

だからこそ、今の自分達に必要なのはこうした斜面打起しの引分けのあり方の方法やコツも含め、都度目で見てシンプルに理解でき、即上達に繋がるプロの教えや極意というべき・・弓道上達に特化した自分だけのお手本などの存在をいち早く見つけ出すことが上達への最短の近道と言えるのかもしれないですよね〜お互いに頑張りましょ^^

 

 

 

天皇杯2回制覇 土佐正明があなたを徹底指導!

 

正しい射法習得だけが的中してしまう弓引きになる唯一の道・・射法八節を習得し中・貫・久を鍛え試合で勝利を手にする方法をDVDで指導。

 

私もこのDVDを見てみましたが・・今までにない洗練されたノウハウ、分かりやすい解説は自然に頭に吸収され上達をすぐに実感できると思いました。

 

例えば、頭でわかっているつもりでも思うように動かなかった身体、どこが間違いなのかに気づけず上達しない日々、冷静を装っていてもどうしてもブレる動きにどう対処し何を改善するべきなのかよく分かりましたよ!今すごくモチベーションが高いです^^

 

あなたも練習を頑張る中、いろんなジレンマを日々感じてると思いますが・・この弓道射法八節習得プログラムを見て一緒に上達を実感しませんか!?

 

⇒もっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

 

 

週末スーパーに食料品買い物に行く時はAM11時と午後3時位がタイムセールとかですごい混雑するので、駐車場も車が止められなくて大変だから、この前はその時間を意図的に避けて行ったら逆にすごい空いててストレスなく買い物ができてよかった。タイムセールスはないけど。といってもよく見るとそんなに良いものじゃないし・・だけどレジもすいすい・・。良くいくスーパーは安売りのスーパーだから混雑時は店員さんもいっぱいいっぱいで駐車場も巡回してくれないから・・使ったカートがそのまま駐車場に置いてあったりとかして結構ストレス多い。年配の特に女性でカートを片付けない人多いんだよね。実際何度も目にした。車まで使って、そのまま放置とか、駐車場の隅に置きっぱなしとか色々・・。そういう人って自分の車がカートにぶつかっても何とも思わないのかな・・!?大型スーパーだと警備員がたくさんいるから常に片づけてくれるけど、そうゆう問題でなく使ったら片づけようよと毎回思います。

 

この前は、道の真ん中にカートが置いてあって車がそれを避けていました。たぶんまた誰かが置いたのが、風で流されてそこまで行ったんだろう・・。あの光景には驚きましたが・。・自動掃除機ルンバみたいにどこに置き去りにされても自分で元の位置に戻ったら面白いかもね〜それは無理か。

 

昨日はいつも食べてる緑のたぬきがいつも128円だったかな特売で98円だったのでまとめ買いしました。赤いきつねも好きだけどそっちは売り切れ、やはり人気あるんだな〜たまに赤の方に入ってるお揚げを捨てる人がいるのね。お湯をいれて出来上がり、最初に丸々捨てる人。有り得ないでしょ〜あれが一番美味しいのに!さすがに緑の方の天ぷらを捨てる人はまだ見たことないけどさ^^昔からあるそれらのカップ麺ほんと大好きです。あまり食べてると怒られるけど・・。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る