弓道離れで弓手上がる時の改善方法やコツを調べた

弓手が上がってしまうという射癖はどうしたらいいのか調べた・・

 

大学弓道部に所属してますが・・弓道歴が短かいので見よう見真似で毎日練習を積み重ねてきてなんとか形にはなってきたと思う。ところが最近、離れで弓手が上がってしまうという変な射癖を指摘され一人悩みます。どう改善すればいいのか自分なりに調べた。

 

離れは矢を放った瞬間に身体の左右バランスを崩さないようにして・・

 

身体の中筋から左右に開くように伸ばすのがコツであり、この時に体の中筋から左右に開くように伸長し、自然に離れるのがいいらしい。。

 

弓道上手くなる方法〜離れで弓手上がる時の改善コツ〜

 

 

何やら理想的で自然な離れを習得するためには、弓手(押手)で離れを誘うようにすることが大事になり、弓手が上がる原因のひとつとして、会の際に、腕と肘を使っている場合があるとか!?これでは、大きく引分けができなくなってしまう・・

 

また、弓手の伸びが充分でなく、押しができていないといったことも考えられ、正しい離れを呼ぶためには、腰を中心にして、弓の中に体が入り、体と肩が充分に働いている状態にすることが重要らしい・・。

 

なるほど・・そうゆうことか。なんとなく意味は分かるけど今からそれをやるとなるとハードルが高いな〜どうしよ・・

 

 

なんといっても弓道を一生懸命練習してるのにイマイチな私達は・・

 

こうした離れで弓手上がる時の改善方法やコツにまだ疎かったりするもの。悔しくて自分なりに調べたりもするけどなかなか自分に合った手とり足とりな良い方法に出会えるとも限らないし、そもそも何かと忙しくて1つ1つ丁寧に調べてる時間も余裕もない。

 

だからこそ、今の自分達に必要なのはこうした離れで弓手上がる時の改善の方法も含め、都度目で見てシンプルに理解でき、即上達に繋がるプロの教えや極意というべき・・弓道上達に特化した自分だけのお手本などの存在をいち早く見つけ出すことが上達への最短の近道と言えるのかもしれないですよね〜お互いに頑張りましょ^^

 

 

 

天皇杯2回制覇 土佐正明があなたを徹底指導!

 

正しい射法習得だけが的中してしまう弓引きになる唯一の道・・射法八節を習得し中・貫・久を鍛え試合で勝利を手にする方法をDVDで指導。

 

私もこのDVDを見てみましたが・・今までにない洗練されたノウハウ、分かりやすい解説は自然に頭に吸収され上達をすぐに実感できると思いました。

 

例えば、頭でわかっているつもりでも思うように動かなかった身体、どこが間違いなのかに気づけず上達しない日々、冷静を装っていてもどうしてもブレる動きにどう対処し何を改善するべきなのかよく分かりましたよ!今すごくモチベーションが高いです^^

 

あなたも練習を頑張る中、いろんなジレンマを日々感じてると思いますが・・この弓道射法八節習得プログラムを見て一緒に上達を実感しませんか!?

 

⇒もっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

 

 

夜犬の散歩してると街頭の明かりがあるところはいいけど暗いところはなんか怖いね〜。さすがに怪しい人は会ったことないけど・・。誰を基準に怪しいか分からないけど笑。。でもたまに人の家の木が顔に見えたりするんだよね〜汗。横目に入ってきたものがそう見える・・一応スマホのLEDライトで照らしているけど。たまに畑の方から何か音がガサガサするから猫かなぁ〜?とか思うと、近所のおばさんが月明かりで何か作業してたりとかして一瞬驚く。いくら月明かりといっても暗いから見えてるのかなあ?ドラキュラじゃないんだから何もそんな夜に作業しなくてもって思ったり。そのおばさん昼間も農作業してるんだからさ。残業かな!?

 

それにしても近所で夜なのに厚手のカーテンを閉めないでご飯食べてる家とか結構あるね。外から中が丸見えなのに気にしないのかなぁ〜。みんな普通に食卓囲んでご飯食べながらテレビ見てる姿がシルエットで見えるし^^夏場だと網戸越しに野球中継の声と応援したりヤジ飛ばしてる声が丸聞こえ笑あの、聞こえてますけど!?我が家だったら即、母ちゃんに怒られるけど・・汗いろんな人や家がいるもんだな^^

 

今日は体が疲れたので暑いけど浴槽にお湯を張って入ったけど、疲れはなんとなく取れたものの、案の定出てから暑い!しばらく扇風機の前から動けなかった〜あまりダラダラ汗かいたらお風呂で体洗った意味ないよね^^やはり服着て汗かくのって気持ち悪いよね〜サウナみたいに裸で汗をかくのは気持ちいいけどね〜寒い時は乾燥したり動けなかったりして・・早く夏が来ないかなってちょっと思ったけど、やはり暑いと冬が恋しいなとか思ったり。日本は季節の寒暖差が激し過ぎなんだよね^^:

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る