弓道離れでの押手のブレ改善方法やコツを調べた

離れでの押手(弓手)のブレによる的中の乱れをどう改善するか調べた・・

 

押手で離れを誘うことをきちんと理解し、行射を行なうことは・・初心者だけでなく、経験者でも難しいらしい!?

 

押手がぶれるということは多く、これは上押しのかけ過ぎによる手の内の不正や、

 

会での退く胴、残心での懸る胴といった、胴造りの不正の場合なども考えられるとか!?このような場合は、やたらとぐいぐいと押し込むのは逆効果になってしまうのでまずは、手の内、そして、三重十文字を意識してしっかりと胴造りを確認するのがいいらしい!?

 

弓道上手くなる方法〜離れで押手のブレ改善する良い方法〜

 

 

また、離れを押手で誘うことばかりを意識しすぎてしまい、余計な力がはいってしまっていることも考えられる場合もあるので、押手で離れを誘うのではなく、胸の中筋から体を割りいれるようにするイメージを意識してみるのが得策とか。。

 

そうゆうことか・・押手で離れを誘うのではなく、胸の中筋から体を割りいれるようにするイメージかぁ〜難しいけどこの方法しかないかな??できればお手本となるものを目の前で見ればもっとイメージ湧くんだけどな〜

 

 

なんといっても私達のような初心者レベルの弓道部員はこうした・・

 

離れでの押手のブレを改善する方法はなかなかハードルが高いもの。練習の合間に色々調べては情報を自分なりに咀嚼して頭に入れようと努力はするけど、やはり具体的なお手本がないとなかなかイメージも難しい・・

 

だからこそ、今の自分達に必要なのはきちんと目で見て理解でき、誰でもすぐに身に付くようなお手本・・見識者の教えや極意というべき弓道の教科書のような存在をいち早く見つけ出し、それを元に愚直に学んでいくことが、今後の上達を早める大きなきっかけになるのではないでしょうか?お互いに頑張りましょ。

 

 

 

天皇杯2回制覇 土佐正明があなたを徹底指導!

 

正しい射法習得だけが的中してしまう弓引きになる唯一の道・・射法八節を習得し中・貫・久を鍛え試合で勝利を手にする方法をDVDで指導。

 

私もこのDVDを見てみましたが・・今までにない洗練されたノウハウ、分かりやすい解説は自然に頭に吸収され上達をすぐに実感できると思いました。

 

例えば、頭でわかっているつもりでも思うように動かなかった身体、どこが間違いなのかに気づけず上達しない日々、冷静を装っていてもどうしてもブレる動きにどう対処し何を改善するべきなのかよく分かりましたよ!今すごくモチベーションが高いです^^

 

あなたも練習を頑張る中、いろんなジレンマを日々感じてると思いますが・・この弓道射法八節習得プログラムを見て一緒に上達を実感しませんか!?

 

⇒もっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

 

 

ラーメンとか好きでよく食べに行くけど、お店によってはカウンター席が厨房の前ではない席ならいいのだけど、厨房の前のカウンター席だと、店員同士の会話が聞こえたり、店長さんが事細かと指示を出してる怒鳴り声とか聞かされたりとかするとちょっと美味しさが半減しちゃうなぁ。気にしなければそれまでだけど・・。知り合いは活気があっていいとか言うけど自分はあまり好きではないな。そういえば1人で行った時に混雑してる時は無理だけど、そうでない時にテーブル席に座りたいってなかなか言いづらいよね。カウンターは隣との境界線があるようでなく、なんとなく落ち着かないから好きじゃないな〜やはり空いてる時のテーブルが一番好き、自分だけのスペースとして使えるからね〜よく行くラーメン屋は入り口で食券買う時、いつもカウンターへどうぞって言うけど、こちらからテーブルでお願いしますって言います。もちろんランチタイム外した時間だけど。毎回行ってるんだからたまにはテーブルですよね?って分かって欲しいものだわ。

 

そういえばラーメン屋じゃないけど注文した後メニュー片づけちゃう店も多いよね〜追加で注文したい時に目の前にニューないから遠慮しちゃうけど、あれって機会損失だとおもうけどな〜この前もパスタ食べた後やっぱデザート食べたいよね〜なんて話してて、店員さん呼ぼうと思ったけど忙しそうだったので結局メニュー手にできないままやめちゃった^^コンビニでアイス買ったよ〜

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る