弓道残身が上達する方法やコツを調べた

離れのあとに無理やりに体勢を修正しているが良い方法がないか調べた・・

 

残心(身)は、射を終えても気を緩めず、左右対称に体を開いた姿勢を・・

 

保つため、離れの姿勢を崩さずその気合いを維持するのがコツらしい。

 

重要なのは、離れのあとに無理やりに体勢を修正するのではなく、離れたままの体勢を維持することにあるみたいですね〜両手のバランスでは、押手が会より高い場合、低い場合、会より前後に残る場合や、勝手が会より上下前後に残る場合があり、両手が上がってしまう場合や両手が下がってしまう場合があるけども、会での力の方向がよくないことが原因で起こるらしい・・

 

弓道上手くなる方法〜残身が上達する練習方法〜

 

 

この場合は、矢の方向(矢筋)に伸合い、そのまま矢の方向に離すイメージを持って練習すると矯正できるとか・・。

 

矢の方向(矢筋)に伸合い、そのまま矢の方向に離すイメージかぁ〜なんとなく分かるけどやはり難しいな・・この辺も具体的にイメージできる良いお手本が欲しいな〜弓道はほんと奥が深すぎ!

 

 

なんといっても私達のような初心者レベルの弓道部員はこうした・・

 

離れの姿勢を崩さずその気合いを維持する方法に疎いもの。だから無理やり体勢を修正する状況に追い込まれる。本当はこれではいけないけど、具体的な方法が分からない・・

 

だとしたら、今の自分達に必要なのはこうした残身も含めきちんと目で見て理解できすぐに誰でも身に付くような具体的なお手本となるもの・・見識者の教えや極意というべき弓道の教科書のような存在をいち早く見つけ出し、そこから愚直に吸収していくことが、上達への最短近道かもしれないですよね〜^^頑張りましょ。。

 

 

 

天皇杯2回制覇 土佐正明があなたを徹底指導!

 

正しい射法習得だけが的中してしまう弓引きになる唯一の道・・射法八節を習得し中・貫・久を鍛え試合で勝利を手にする方法をDVDで指導。

 

私もこのDVDを見てみましたが・・今までにない洗練されたノウハウ、分かりやすい解説は自然に頭に吸収され上達をすぐに実感できると思いました。

 

例えば、頭でわかっているつもりでも思うように動かなかった身体、どこが間違いなのかに気づけず上達しない日々、冷静を装っていてもどうしてもブレる動きにどう対処し何を改善するべきなのかよく分かりましたよ!今すごくモチベーションが高いです^^

 

あなたも練習を頑張る中、いろんなジレンマを日々感じてると思いますが・・この弓道射法八節習得プログラムを見て一緒に上達を実感しませんか!?

 

⇒もっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

 

 

最近目の渇きや疲れが結構すごいから、お風呂に入っているときにフェスタオルも入れて、お湯に浸して絞ってそれを目に当てて疲れを癒します。市販品でも売ってる蒸気でホットアイマスクみたいなやつ。それのタオル版みたいな感じかな。目の疲れを癒して今度は首に当てて肩こりを癒したりみたいな。結構これが効くんですよね。冬になるとよく思うけど体を冷やすことと乾燥ってホント良くないね。だからきちんと厚着することとクリームとかは欠かしちゃいけないんだなぁ〜とか思います。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る