弓道早期の克服方法やコツを色々調べた

弓道の難しい癖・・早気はどうやって克服する・・?

 

会に入って自分の意志とは関係なく会を充分持てずに離してしまいたく・・なって離してしまうという状態の病気というべき悪癖。。色々調べたら・・

 

早気を克服するための練習中には、的中を考えずにただただ、

 

射法八節を正しく行なうことを念頭に、稽古に励むのがいいみたい!?早気になってしまう原因として、会に至るまでの動作が正しい形で行われていないため、筋肉や体の部位の使い方が適切でないために、早気が起こる場合多いとか・・会での早気は、射法八節の足踏みから始まっているものと考えて、しっかりと基本を体で覚える必要があるらしいですね〜

 

弓道上手くなる方法〜早期の克服方法やコツ〜

 

 

また、早気になってしまう原因には、精神的なものもあり、練習では早気の症状が出ていなくても、試合や審査などの大舞台では出てしまう場合もあるらしい・・怖いな。このような場合でも、精神だけで克服しようとするのではなく、射への心構え、姿勢、動作を考えて、意識して練習を繰り返すことが必要とのこと。。

 

なるほどな〜ある意味で病気!?精神的なもの・・そのために射への心構え、姿勢、動作を考えて、意識して練習を繰り返すのみか。だとしたら、この辺のことを踏まえた射法八節の基本をもう一度調べて練習するしかないな〜

 

 

なんといっても私達のような初心者レベルの弓道部員はこうした早気の克服・・

 

方法にも疎いもの。どうしていいか分からず自分の意志とは関係なく会を充分持てずに毎回離してしまい自己嫌悪。。

 

だとしたら今の自分達に必要なのはこうした早気の悩みも含め都度弓道のあらゆる悩みを解決しすぐに修正できるような見識者の教えや極意となる弓道の教科書のような存在をいち早く見つけ出し、それを元に練習に励むことが、やはり効果的かつ効率的に上達していける一番の方法かもしれないですよね〜^^お互いにがんばろ。。

 

 

 

天皇杯2回制覇 土佐正明があなたを徹底指導!

 

正しい射法習得だけが的中してしまう弓引きになる唯一の道・・射法八節を習得し中・貫・久を鍛え試合で勝利を手にする方法をDVDで指導。

 

私もこのDVDを見てみましたが・・今までにない洗練されたノウハウ、分かりやすい解説は自然に頭に吸収され上達をすぐに実感できると思いました。

 

例えば、頭でわかっているつもりでも思うように動かなかった身体、どこが間違いなのかに気づけず上達しない日々、冷静を装っていてもどうしてもブレる動きにどう対処し何を改善するべきなのかよく分かりましたよ!今すごくモチベーションが高いです^^

 

あなたも練習を頑張る中、いろんなジレンマを日々感じてると思いますが・・この弓道射法八節習得プログラムを見て一緒に上達を実感しませんか!?

 

⇒もっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

 

 

歯を磨いていてどこからか血が出たのか歯ブラシが変色していてびっくりした。自覚症状なかったからね。そういえば赤ワイン飲んだ後も歯ブラシがそういうことになるよね。歯ブラシはドラッグストアで買ったデンターシステマをいつも使ってるけど、たまに違う歯ブラシとか使ってみると感触が違ったりしてあまりしっくりこないね。デンターシステマの中でもヘッドの大きさが違ったりなんだりするとまた感触が違ったり。たまには冒険するのもいいけど基本的にはいつも使ってるものを使い続けたほうが間違いないね。とか思ったり・・

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る